FC2ブログ
2011.11.21 冬の鍋
母と一年ぶりに水炊きを食べた。

我が家での鍋の定番はカシワ(鶏肉)の水炊きだ。

昨年は父が最悪の体調でお鍋を楽しむ事も少なかった。

今年はとうとう、母と二人きりになってしまった。

材料を調節したつもりだったが、最後の雑炊まで食べきる事が出来ずに翌日に残す事になった。


我が家の水炊きの具は鶏もも肉・白菜・木綿豆腐・白はんぺん・えのき茸・(むき牡蠣があれば最高)

そして、食べる直前に牛乳を入れる。

で、大根おろしとポン酢でいただく。

鍋の中はとにかく、白い(笑)!

当たり前だが私にとっては幼いころから食べていた作り方なので、

志摩市に来て、こちらの友達の家で鍋をしたとき

買い出しの時当たり前のように牛乳を手にしたら、友人に唖然とされた。


母と父にその事を話すと

「この水炊きは秘密の作り方やから、他人に教えないように」(笑)

と言われた。結局どこで教わったのかは不明。

近所の人には恥ずかしくて聞けない(以前の友人の反応〈牛乳を却下された!〉がトラウマで・・・)。

一度だけTVの御当地鍋特集で奈良県の人が作ってるのを観たので、奈良県がルーツかな?と想像する。


志摩に住み始めて色んなところで色んなお鍋をいただく様になった。

海鮮鍋、豚肉鍋、チゲ鍋、キムチ鍋・・・・。

いづれの鍋も美味しいが、実は私はいつも心の中で「ああ、牛乳いれたいなあ・・・」と思ってるのだ。
nabe.jpg

絵を描いても白いだけ(笑)

がおそらく、実の姉だけがこれを見て懐かしさによだれをたらしているでしょう・・・・。
スポンサーサイト



昨日、多気町の美容室でいろんな新製品サンプルをもらった。

ハーブローションとハーブゲルクリーム、水溶性ファンデーション、

それからクリアジェル。

アトピー肌の私は大手化粧品のモノはことごとく肌に合わず、

日々、ノーメイク。最低限のお手入れのみ。

それでも、歳月には逆らえずアトピーによるお肌は炎症意外にも悩める年頃になってしまった。



さて昨夜、早速「クリアジェル」を使用してみた。

顔中をこしこしこし・・・と、擦ってみた。

[古くなった角質をポロポロとやさしく落として透明感のあるすべすべ肌へ]

とのうたい文句のこの商品どうかしら?

超敏感肌・アトピー肌の私。

でも美容院の店長さんの「思いっきり擦って大丈夫」って言葉を信じて・・・

・・・・こしこし擦るとポロポロとこぼれるように出て来るもの。これはジェルが変化したもの?
と、なると、このこぼれ出るカスのようなモノが私の顔の汚れなのか油なのか角質なのかを一緒に拭い落としてるのか・・・?

さて?
turupika.jpg
ってなことになれば、良いのだが。

実際のところ一回で変わるわけはない(笑)

しかし、触ってみるとほんとーーーに少し0.000000001とかの感じで肌がすべすべになった気がした。

今朝起きて顔を洗った時も、なんとなく気になっていた肌のくすみがほんのすこーーーーーしだけ無くなった気が

する。

ほんの、ちょびっとだけ・・・ね。


心配した炎症も起こらず(かなり擦ったのに)ひと安心。次にお店に行ったらお買い上げになってしまうのかなぁ・・・(笑)

♪ my HP『虹いろのとり』 http://www4.ocn.ne.jp/~peafowl/ ♪
今秋から来春までの放送ドラマ。物語は大正時代から始まります。
ストーリーの進みかたと音楽のテンポよさ。
気持ち良い岸和田の大阪弁。
懐かしい足踏みミシン。
そして、当時の人たち(大人・子供)が来ている着物(和装洋装)の色・柄の華やかさ!かわいらしさ!

観れる日は朝も昼の放送も観る。
お仕事で観れない日はビデオで。日に何回も観る事も!
私、おかしいでしょうか?

主人公の糸子を見ていると心が前向きになります。観ていない人は是非。
carnation.jpg
  NHK「カーネーション」
コタヌさんと「合歓の郷」内 ホテルエクシードのランチバイキングへ行きました。

11月はデザートフェア!!

exdVK.jpg

    他に食べたのは・・・

  チャーハン
  スパゲティミートソース(木ノ子のソースもあった)
  フライドポテト
  牛タン焼き
  ミニシュウマイ

  白玉が入ったおしるこ
  エクレア
  アップルパイ
  洋梨シャーベット
  黒ゴマプリン
  珈琲



十分元は取れたかな?

デザートは全部で22種類!でも全部は無理だったな。

しかし、最初と途中と最後にデザートを食べた私。

そして、お腹いっぱいと言いつつ、

「カレーライス美味しい!」

「アップルパイ美味しい!」

「胡麻団子美味しい!」といちいち報告する(胃袋特大の)私にコタヌさんはあきれ顔でした。

コタヌさん、お付き合い有難うござんした