FC2ブログ
2009.06.29 読書の日
晴れのち雨

yonda.jpg

夏がもうすぐそこまで。
スポンサーサイト



2009.06.24 お別れ。
bara.jpg


わたしは、団体行動が苦手で、人の輪のなかで無理して笑ってあわせてました。
すぐに私のウソの態度を見抜いたようにニヤッと笑ってわたしに言いましたね。
「何が言いたいんや。言うてみい。」って。


その頃のわたしは1人では、外食できなかったから、でも友人を誘って食事に行くのもその頃の私には凄く勇気がいることでした。
なのでいつも、お店が準備中の仕込みに忙しい時間を見計らい、「料理長、お店に絵を飾ってください。」と持っていってました。

人に見せるための絵を描くようになったのは、その頃からです。

がんばって、もっとまともな絵が描けていたら、
自信満々で、料理長のお料理を何度も何度も食べに行けたのに。

これは、同じ時期に描いたモノ、
ずいぶん、悩んだ色だしてるなあ。

今日、料理長のお見送りをしにゆく。

転職した人、
結婚した人、
以前、料理長を囲んで笑ってた人たちが別れを惜しんで泣いている。

私以外にも、料理長に救われた人がたくさんいたのだ。 

今も、私は、大勢の中は苦手ですが、

ひとりひとりとなら、平気で話せるようになりました。

自分の個性を 自分で認める事が出来るようになりました。


私より先に私の個性を認めてくださった、中村料理長に感謝いたします。

さようなら。


・・・そういえば、クジャクにパン屑餌を最初に与えたのは、料理長ですよ。(*^_^*)



2009.06.24 神降地にて
旅慣れた女友達に、一泊旅行に誘われた。

でも彼女は雨女。

(本人は、やや否定。)


念の為の miniてるてるが、効いたのか?

飛騨路の旅一日目は予報通り雨でしたが

二日目は雨雲が去り青空が見えてきた。

上高地散策へ2人でチャレンジし、

穂高神社の明神池に90分で到着。私たち、まだまだ若いわね!みーちゃん!

明神池の周りでは、お弁当を広げる人、カメラで撮影する人、

そして、イーゼルにスケッチBOOKを広げて水彩画を描かれているご婦人がいました。

絵を少し見せていただきました。

少し離れたところで、(多分、ご主人?)男性が文庫本を片手に見守っておりました。


うらやましい。

私も、こんな場所でスケッチBOOK広げたいな・・・。


その為には、腕を上げねば!

きっと、いつか、


kamikouchi.jpg
ということで、帰宅後に一枚。

とーーーーい(遠い)ところから見ればそれなりに見えるでしょう。

ご婦人の水彩画はとても素敵でしたよ。
窓の外でそよそよと、揺れています。

月曜日に、晴れるといいなぁ、と思って心を込めて 作りました。


hanashi1.jpg


志摩の、湿気は

いい加減イヤになる。

ここは、風ゆらゆらで、楽しいよ。♪  と彼は笑ってます。
梅雨のなか日と言われた、暑い日に、たい焼き屋さんへ。

暑い日に温かい食べ物を食べ、飲むのが私の夏バテ防止策!
taiyaki1.jpg

私は
たい焼き、に睨まれるのが耐えられずに、
頭からいただきます。(*^。^*)

尾っぽは
あんこの入り具合をチェックしながら、ゆっくりいただきます。


みなさんは、どうですか?
kuchinashi.jpg
2009.06.05 熱視線?
ぶにょ とインドカレーを食べました。
松阪にもあったお店。
鵜方にも開店。
       美味しかったぞ。      
       辛さ希望聞いてくれると嬉しいんだけど。

Bランチ¥1050-teruteruIMGedited1.jpg
松阪のお店では釜焼きが、見えるように硝子張りになってて、
お客さんが、あ、「あそこでナン、やいとるんやー」
って、見る。 
 すると
濃ゆいお顔のインド人シェフが「美味しく今から焼くからね」
って、感じで、じっと、お客さんを見つめ返す・・・。
   やっぱりこのお店でもありました。
ぶにょ は、menuみて何カレーにするか悩んでる時もインド人シェフの熱い視線を受けていたみたい。

   「すっごく、見とる~~~!」
IMG_0002.jpg

(*^_^*)
(*^。^*)
(^O^)/・・・「もうひとつ」

父、味見合格でした。

その日にある材料で作るから
いつも、あんの甘さも、団子のかたさも違います。
小麦粉だけでつくると、硬くなるし。

私も、ひとつ味見。
ちょっと、あんが、今日は甘かったな。
と、母と笑いました。